概要

Energy Wave技術は、伝統的東洋医学(TCM)である経絡の知識と、DNAと細胞間コミュニケーションを司る縦波であるスカラー波技術を組み合わせたものです。

経絡とは

人体の秘孔を刺激する伝統的東洋医学の鍼は、現代でも広く施術され続けています。古代中国人はエナジーすなわち「気」は体全体に位置するそれぞれ異なる効果を持った秘孔を巡っていると信じていました。この気の通り道こそが経絡であり、体内エナジーの巡りが悪くなると体はバランスを失い、免疫システムが弱まってしまうと考えられています。

スカラー波技術

Energy Waveのホログラフィック製品は、かの有名な物理学者であるニコラ・テスラ氏が発見したスカラー波を通した独自の電界記号に満ちています。テスラ氏はスカラー波を通じて無線で送電できることを証明しました。事実、あのアインシュタインもこのエネルギーの存在を認めており、1920年代にスカラー波について言及しています。2000年にはドイツの物理学者でエンジニアでもあるコンスタンティン・マイル氏が、テスラ氏の研究に触発されスカラー波のさらなるリサーチを開始しました。マイル氏の研究によると、スカラー波を通じて遺伝子情報が生物学的細胞間を移動することが発見されました。

Energy Wave ホログラフィックディスク

我々のホログラフィックディスクは、スカラー波を通じて体内の特定の経絡に届くようにEnergy Waveの生体信号物理学者が考案したデータで満ちています。ホログラフィックディスクを特定のツボに置くと、データディスクに埋め込まれた独自の電界記号がスカラー波を通じて送られ、体内の気の巡りを正しく調整します。正しい気の巡りによって、体は自然とあるべき姿に戻り、健康的な体とウェルビーイングを実現します。

Energy Waveのすべての製品は最新のホログラフィック技術を備えており、100%自然由来です。いかなる薬、化学薬品、針も使用していません。